国際

  • 印刷
 銃撃事件が起きたスーパーの前で抱き合う人たち=14日、米ニューヨーク州バファロー(AP=共同)
拡大
 銃撃事件が起きたスーパーの前で抱き合う人たち=14日、米ニューヨーク州バファロー(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州バファローのスーパーで10人が死亡した銃乱射事件で、捜査当局が拘束した白人の男(18)が昨年6月、自身が通っていた高校で銃撃事件を起こすと脅し、警察に拘束されていたことが15日分かった。脅迫事件で病院に送られ精神科の診察を受けたが、訴追されなかった。米メディアが伝えた。

 AP通信によると、男は人種差別に基づく憎悪犯罪(ヘイトクライム)とされる過去の乱射事件を詳細に調べていたことも判明した。

 男が公表したとされる180ページの書面では「私は白人至上主義者だ。白人の頭脳はほかの人種より優れている」と書かれていた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(6月28日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ