社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 提訴後に記者会見する原告団の新川秀清共同代表(前列中央)ら=16日午後2時、那覇市
拡大
 提訴後に記者会見する原告団の新川秀清共同代表(前列中央)ら=16日午後2時、那覇市

 米軍機の騒音被害を主張している嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)と普天間飛行場(宜野湾市)の周辺住民30人が16日、米国に対し飛行差し止めを要求できる地位の確認などを求め、那覇地裁に提訴した。これまで基地ごとに裁判を起こしてきたが、沖縄の日本復帰50年の節目に連携し、被害が放置される問題を問うことにした。

 訴状によると、米軍機飛行差し止め請求訴訟は県内外で起こされてきたが、各裁判所は判決で「国の支配が及ばない第三者の行為」として却下してきた。国が日米地位協定の改定などをせずに違法な騒音を放置し、原告を差し止め請求ができない地位に置くのは違憲だとしている。

社会の最新
もっと見る
 

天気(6月28日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 35℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ