スポーツ

  • 印刷

 東京六大学野球リーグ第6週第3日は17日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、明大が慶大を12-7で破って2勝1敗とし、勝ち点4で首位に立った。慶大は同2のままでリーグ3連覇の可能性が消滅。優勝の行方は明大と2位の立大に絞られ、21日からの直接対決で勝ち点を挙げたチームが優勝となる。

 明大は5-1の五回に上田の適時二塁打などで一挙5点を奪い、計16安打で乱打戦を制した。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 0%

  • 38℃
  • 25℃
  • 0%

  • 33℃
  • 26℃
  • 0%

  • 35℃
  • 25℃
  • 0%

お知らせ