社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 皇居内の水田で田植えをされる天皇陛下=18日午後(宮内庁提供)
拡大
 皇居内の水田で田植えをされる天皇陛下=18日午後(宮内庁提供)

 天皇陛下は18日、皇居内の生物学研究所の脇にある水田で田植えをされた。皇居での稲作は、農業奨励のために昭和天皇が始めた恒例行事。陛下はシャツに黒い長靴姿で水田に入り、腰を落としながら、高さ約15センチの苗を1株ずつ丁寧に植えていった。

 苗はうるち米のニホンマサリと、もち米のマンゲツモチで、4月に陛下がまいた種もみが育った。この日は計20株を植えた。

 秋には稲刈りをする。収穫したコメは、11月の「新嘗祭」など皇室の神事に使われる。

社会の最新
もっと見る
 

天気(7月1日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ