生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 デジタルアーカイブのイメージを説明する渡邉英徳東大教授(左)ら=18日午後、東京都文京区
拡大
 デジタルアーカイブのイメージを説明する渡邉英徳東大教授(左)ら=18日午後、東京都文京区

 毎日新聞社と東京大、京都大の研究者が18日、日中戦争や太平洋戦争中に同社の特派員やカメラマンが中国や東南アジアで撮影した6万枚を超える写真のデジタルアーカイブ化を進めると発表した。終戦から80年の2025年に向けてインターネット上で公開し、閲覧しやすい形にすることで、戦争の記録を次世代に伝えたいとしている。

 対象となる写真は同社大阪本社に保管されてきた。多くの報道機関が軍の命令に従って焼却処分する中、守り抜いたという。このほか、特派員が休暇中などに私的に撮影した写真も、遺族らの承諾が得られればアーカイブに組み込む。

生活の最新
もっと見る
 

天気(7月2日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 10%

  • 38℃
  • 22℃
  • 10%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 38℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ