生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 映画「PLAN75」の早川千絵監督(中央)と出演者の磯村勇斗さん(右)、ステファニー・アリアンさん=20日、フランス・カンヌ(ロイター=共同)
拡大
 映画「PLAN75」の早川千絵監督(中央)と出演者の磯村勇斗さん(右)、ステファニー・アリアンさん=20日、フランス・カンヌ(ロイター=共同)

 【カンヌ共同】フランスで開催中の第75回カンヌ国際映画祭で20日、斬新な作品を集めた「ある視点」部門に選出された早川千絵監督の「PLAN75」が上映された。早川監督が、出演した磯村勇斗さんらと会場入りすると、観客から大きな拍手が起きた。

 映画は早川監督の初の長編作品で、少子高齢化がさらに進んだ近未来の日本が舞台。75歳以上の高齢者が自らの生死を選択できる制度が施行され、申請すれば国の支援で安らかな死が迎えられる社会で翻弄される人々の姿を描く。

 制度を使うかどうかの判断に直面する主人公を倍賞千恵子さんが演じ、磯村さんは申請窓口で働き葛藤する若者役を務める。

生活の最新
もっと見る
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

  • 30℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ