スポーツ

  • 印刷

 東京六大学野球リーグ第7週第2日は22日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、明大が立大を3-2で破って1勝1分けとした。23日の3回戦で勝って勝ち点を獲得すれば、2019年春以来6季ぶり41度目の優勝が決まる。優勝の可能性を残す立大は2勝が必要。

 明大は一回に上田の2ランで先制し、2-1の六回に宗山のソロで加点。村田はリーグ初完投で5勝目を挙げた。

 法大は東大を9-2で下し、連勝で勝ち点3とした。東大は1勝もできず今季を終えた。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月7日)

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 34℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ