スポーツ

  • 印刷
 トランポリンの全日本年齢別選手権の女子個人で優勝した宇山芽紅=ヤマト市民体育館前橋(クロスフィルター使用)
拡大
 トランポリンの全日本年齢別選手権の女子個人で優勝した宇山芽紅=ヤマト市民体育館前橋(クロスフィルター使用)

 トランポリンの世界選手権(11月・ソフィア)代表選考会を兼ねた全日本年齢別選手権最終日は22日、前橋市のヤマト市民体育館前橋で行われ、個人で男子は昨年の世界選手権2位の西岡隆成、女子は東京五輪代表の宇山芽紅が優勝して代表に決まった。

 決勝で西岡は60・450点、宇山は55・570点をマーク。ともに予選と決勝の合計得点で1位となり、日本体操協会の選考基準を満たした。

 東京五輪代表で女子の森ひかるは2位となり、男子の岸大貴は8位だった。

 残りの代表は6月の最終選考会(東京体育館)と今大会の成績を踏まえて決定する。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月7日)

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 32℃
  • 23℃
  • 10%

  • 33℃
  • 25℃
  • 10%

  • 34℃
  • 25℃
  • 10%

お知らせ