スポーツ

  • 印刷
 最終ラウンド、7番でパットを外した松山英樹=サザンヒルズCC(共同)
拡大
 最終ラウンド、7番でパットを外した松山英樹=サザンヒルズCC(共同)
 最終ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=サザンヒルズCC(共同)
拡大
 最終ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=サザンヒルズCC(共同)

 【タルサ(米オクラホマ州)共同】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米プロ選手権は22日、オクラホマ州タルサのサザンヒルズCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、55位から出た松山英樹は4バーディー、7ボギーの73と伸ばせず、通算9オーバーの289で60位に終わった。

 36位から出た星野陸也は2バーディー、3ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの76と崩れ、同じく通算9オーバーだった。

 7打差7位から出たジャスティン・トーマス(米国)が67で回り、通算5アンダーで並んだウィル・ザラトリス(米国)との3ホールのプレーオフを制して優勝した。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月7日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 34℃
  • ---℃
  • 0%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ