スポーツ

  • 印刷
 アスレチックス戦の1回、日米通算150本塁打となる先頭打者本塁打を放ったエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
拡大
 アスレチックス戦の1回、日米通算150本塁打となる先頭打者本塁打を放ったエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 ▽エンゼルス-アスレチックス(22日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷は「1番・指名打者」でフル出場し、5打数2安打1打点、1得点だった。内容は中越え本塁打(打点1)、右飛、一直、三ゴロ、遊撃内野安打で打率2割5分9厘。チームは4-1で勝った。(共同)

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月6日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

  • 28℃
  • 24℃
  • 60%

  • 31℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

お知らせ