経済 経済 新商品

  • 印刷
 欧州中央銀行のラガルド総裁(ロイター=共同)
拡大
 欧州中央銀行のラガルド総裁(ロイター=共同)

 【ダボス共同】欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は23日、ウクライナ危機の影響で加速するインフレを抑制するため、7月にも利上げに踏み切る意向を示した。「現在の見通しに基づけば、7~9月期の終わりまでにマイナス金利から脱却できる状況になるだろう」とし、9月末までにマイナス金利を終了し、金融政策の正常化を進める可能性が高まった。

 ラガルド氏は、量的金融緩和政策を「7~9月期のごく早い時期に終える」と想定。これにより「7月の会合で利上げが可能になる」と表明した。

 ユーロ圏19カ国の4月の消費者物価指数は、前年同月から7・4%上昇し、過去最高水準にある。

経済の最新
もっと見る
 

天気(7月2日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ