国際

  • 印刷
 ウクライナ東部ドネツク州で、ロシア軍の空爆を受けて破壊された学校=22日(ロイター=共同)
拡大
 ウクライナ東部ドネツク州で、ロシア軍の空爆を受けて破壊された学校=22日(ロイター=共同)

 【キーウ共同】ウクライナの国営企業「ガス輸送システム」は23日、ロシア軍の攻撃により天然ガスの主要パイプラインが破壊され、ドネツク、ルガンスクの東部2州(ドンバス地域)でガス供給が停止したと明らかにした。ロシア側の攻撃が活発化しており、パイプラインの修理は困難としている。エネルギーをガスに頼る市民も多く、生活に大きな影響が出そうだ。

 ゼレンスキー大統領は23日のダボス会議などでの演説で、東部ハリコフ州での反撃が「極めて成功している」としたが、ドンバス地域などでロシア側が前進している地点もあるとして「向こう数週間が困難な時期となる」と強調した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ