社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 昨年11月、熊本県を走行中の九州新幹線車内で火を付けたとして、威力業務妨害と器物損壊の罪に問われた福岡市の無職三宅潔被告(69)に熊本地裁(平島正道裁判長)は24日、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予4年の判決を言い渡した。求刑は懲役2年6月。

 起訴状によると、昨年11月8日午前8時40分ごろ、広島発鹿児島中央行きさくら401号で床にライターオイルをまき、ライターで着火した紙を落として火を燃え上がらせた。座席や床を焼いて緊急停止させ、運行を遅らせたとしている。

 熊本県警は現住建造物等放火未遂容疑で逮捕、送検し、熊本地検が罪名を切り替えて起訴した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ