経済 経済 新商品

  • 印刷
 仮想空間で再現されたペイペイドームの外観
拡大
 仮想空間で再現されたペイペイドームの外観

 ソフトバンクは25日、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの本拠地ペイペイドーム(福岡市)をインターネット上の仮想空間「メタバース」に再現し、利用者がスマートフォンで自身の分身を操作して散策などができる無料のサービスを27日に始めると発表した。球場の新たな楽しみ方を示し、ファン拡大を狙う。

 サービス名は「バーチャルペイペイドーム」で、利用者はスマホやパソコンでアクセスし、アバターと呼ばれる分身を動かす仕組み。球場の外周や球場内の通路、選手のロッカールームを訪れることができる。同じ空間に最大30人が入室可能で、他の参加者とチャットできる機能も備えた。

経済の最新
もっと見る
 

天気(6月27日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ