国際

  • 印刷
 25日、アフガニスタン北部マザリシャリフの爆発で負傷し、病院で治療を受ける男性ら(AP=共同)
拡大
 25日、アフガニスタン北部マザリシャリフの爆発で負傷し、病院で治療を受ける男性ら(AP=共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタン北部マザリシャリフで25日、ミニバスを狙った3回の爆発があり、少なくとも15人が死亡、10人がけがを負った。ロイター通信などが報じた。首都カブールのモスク(イスラム教礼拝所)でも同日、爆発があり、地元病院によると少なくとも5人が死亡、約20人が負傷した。

 マザリシャリフの爆発では、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 イスラム主義組織タリバン暫定政権の当局者によると、バスを利用していた少数派のシーア派が標的となった。けが人のうち8人が重体で、死者が増える恐れがある。

国際の最新
もっと見る
 

天気(7月5日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ