生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 パレオスポンディルスの復元図(理化学研究所提供)
拡大
 パレオスポンディルスの復元図(理化学研究所提供)
 4億年前のパレオスポンディルスの化石(理化学研究所提供)
拡大
 4億年前のパレオスポンディルスの化石(理化学研究所提供)

 理化学研究所などの国際チームは、約4億年前(デボン紀)の地層から見つかったウナギのような生物の化石を調べた結果、人を含めた陸に生息する脊椎動物の祖先に近い種類とみられることが分かったと26日、英科学誌ネイチャーに発表した。魚類から陸の生物へと進化した過程の解明につながる成果という。

 分析したのは「パレオスポンディルス」の化石。名前は「古代の背骨」を意味し、全長約5センチ。1890年に初めて報告された。スコットランドの湖の地層から大量に発見、小型の魚類とみられたこともあったが、腹にひれがないなど奇妙な形態で詳細は不明だった。

科学・環境の最新
もっと見る
 

天気(6月27日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ