国際

  • 印刷
 26日、ワシントンで中国政策について演説するブリンケン米国務長官(AP=共同)
拡大
 26日、ワシントンで中国政策について演説するブリンケン米国務長官(AP=共同)

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は26日、首都ワシントンで中国政策について演説した。「中国による最も深刻で長期的な国際秩序に対する挑戦に重点を置き続ける」と述べ、覇権争いを勝ち抜くために注力する方針を示した。「新冷戦は望まない」とも強調し、中国が軍事圧力を強める台湾情勢を念頭に偶発的な衝突回避に向けて対話の促進も図るとした。

 ブリンケン氏は「中国共産党が習近平総書記(国家主席)の下、国内で抑圧的、国外で攻撃的になっている」と名指しで批判。米中両国について「世界で最も複雑で重大な関係」と指摘した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 0%

  • 38℃
  • 25℃
  • 0%

  • 33℃
  • 26℃
  • 0%

  • 35℃
  • 25℃
  • 0%

お知らせ