国際

  • 印刷
 コロンビア大統領選の討論会に参加したグスタボ・ペトロ氏=23日、首都ボゴタ(ゲッティ=共同)
拡大
 コロンビア大統領選の討論会に参加したグスタボ・ペトロ氏=23日、首都ボゴタ(ゲッティ=共同)

 【サンパウロ共同】南米コロンビアで29日、大統領選が行われる。元ゲリラの左派グスタボ・ペトロ元ボゴタ市長(62)が世論調査で優勢だが、過半数に届く候補はおらず、6月の決選投票に進む可能性が濃厚だ。

 直近の世論調査の一つではペトロ氏が支持率約37・9%、ドゥケ現大統領の支持基盤を引き継ぐ中道右派フェデリコ・グティエレス前メデジン市長(47)が30・8%で追う展開だ。

 候補者は6人。有効投票の過半数を得票できなければ、上位2人の決選投票が6月19日に行われる。有権者は約3900万人。

 争点は格差や汚職、治安対策。

国際の最新
もっと見る
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • 26℃
  • 0%

  • 38℃
  • 25℃
  • 0%

  • 33℃
  • 26℃
  • 0%

  • 35℃
  • 25℃
  • 0%

お知らせ