国際

  • 印刷
 軍学校の卒業生らを前に演説するロシアのプーチン大統領=21日、モスクワ・クレムリン(AP=共同)
拡大
 軍学校の卒業生らを前に演説するロシアのプーチン大統領=21日、モスクワ・クレムリン(AP=共同)

 ロシアのプーチン大統領は21日、「われわれの軍はもっと強くなる」と述べ、軍備の改良を進めて国防力を向上させていく決意を示した。最新型の重量級大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」を年内に実戦配備することも明らかにした。モスクワのクレムリンで、軍学校の卒業生らを前に演説した。

 サルマトは米国のミサイル防衛(MD)網を突破して米本土を攻撃できるとされる多弾頭の次世代型ICBM。

 プーチン氏は演説で、侵攻したウクライナで続く軍事作戦と、これを受けた前例のない欧米の対ロ制裁を念頭に「ロシアは歴史上、常に試練に直面してきた」と指摘した。(共同)

国際の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ