国際

  • 印刷
 23日、オンラインで開かれたBRICSの首脳会議。上段中央は中国の習近平国家主席、下段左はロシアのプーチン大統領(新華社=共同)
拡大
 23日、オンラインで開かれたBRICSの首脳会議。上段中央は中国の習近平国家主席、下段左はロシアのプーチン大統領(新華社=共同)

 【北京共同】中国、ロシアなど新興5カ国(BRICS)は24日、発展途上国の代表らを招いた拡大会合をオンラインで開いた。中国の習近平国家主席は「新興国と発展途上国の団結の意志は強い」と述べ、協力強化を呼びかけた。国際社会がウクライナ危機に揺れる中、途上国との連携を深めて影響力を高める狙いだ。

 中国外務省によると習氏は演説で、中国は世界の貧困脱却に協力し、食料生産・供給能力を高めると表明。新型コロナウイルスワクチンの研究や生産などでも途上国と連携するとした。また、既存の途上国援助の基金に10億ドル(約1350億円)を増資すると述べた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ