スポーツ

  • 印刷
 2月、北京冬季五輪の閉会式会場に現れた2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ冬季五輪のロゴ=北京(共同)
拡大
 2月、北京冬季五輪の閉会式会場に現れた2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ冬季五輪のロゴ=北京(共同)

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は24日、オンラインで開いた理事会で2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ冬季五輪の実施種目を協議し、一部で除外の懸念が報じられていた日本のメダル有望種目、ノルディックスキー複合の男子存続を決めた。国際競技連盟が要望していた女子の採用は見送った。

 新種目にはノルディックスキー・ジャンプの女子個人ラージヒルやフリースタイルスキーの男女デュアルモーグル、スケルトン混合団体、リュージュ女子2人乗りを採用。女子の比率は冬季大会最高の47%に達し、選手総数は22年北京大会から8増の2900人になる見通しとなった。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月15日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ