スポーツ

  • 印刷
 第3ラウンド、10番でバーディーパットを外す笹生優花。通算1アンダーで12位=コングレッショナルCC(共同)
拡大
 第3ラウンド、10番でバーディーパットを外す笹生優花。通算1アンダーで12位=コングレッショナルCC(共同)

 【ベセスダ(米メリーランド州)共同】女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は25日、メリーランド州ベセスダのコングレッショナルCC(パー72)で第3ラウンドが行われ、14位から出た笹生優花は3バーディー、4ボギーの73で回り、通算1アンダーの215で12位とした。首位とは7打差。

 17位で出た畑岡奈紗は75で、通算2オーバーの35位に後退。西郷真央は76をたたき、4オーバーの54位となった。2日目を終えて54位だった渋野日向子は、ラウンド開始前に棄権した。関係者によると体調不良。

 田仁智(韓国)は75、通算8アンダーで首位をキープした。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ