社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 福岡市東区の千早病院で男性医師が刺され、けがを負った事件で、医師の傷は背中など上半身の複数箇所に及んでいたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。凶器は折りたたみナイフであることも判明。殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男は黙秘しており、県警は2人の関係性やトラブルがなかったかどうかなどの動機の他、ナイフの入手経路を調べている。

 県警によると、男は無職川野二郎容疑者(59)=同区。27日午前9時50分ごろ、病院から「先生が刺された」と110番があった。病院関係者が取り押さえた。

社会の最新
もっと見る
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ