国際

  • 印刷

 【エルマウ共同】サリバン米大統領補佐官は27日、バイデン大統領と中国の習近平国家主席が「数週間以内」に会談するとの見通しを示した。会談形式は不明だが、電話かテレビ形式で調整中とみられる。先進7カ国首脳会議(G7サミット)開催中のドイツ南部エルマウで記者団に語った。

 実現すれば3月18日のオンライン会談以来となり、台湾情勢やウクライナ危機、米国による対中制裁が議題になるとみられる。サリバン氏は「具体的な時期は言えないが、G7サミットの直後ではない」と述べた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ