国際

  • 印刷

 【テヘラン共同】イラン外務省報道官は27日の声明で、イラン核合意の立て直しに向けた米国とイランの間接協議が28日にカタールの首都ドーハで再開すると表明した。カタールは米国とイランを仲介する外交ルートの一つ。米イランの主張には隔たりがあるため、交渉が妥結するかどうかは不透明だ。

 間接協議でイランは、同国指導部の親衛隊的な性格を持つ軍事部門、革命防衛隊に対するテロ組織指定の解除を要求。米国は核合意とは直接関係ないとして拒否し、協議が3月から中断した。イラン外務省報道官は記者会見で「ボールはワシントン側にある」と述べ、米国に譲歩を迫った。

国際の最新
もっと見る
 

天気(8月15日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ