生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 記者会見するJAXA宇宙科学研究所の津田雄一教授=29日午後、相模原市
拡大
 記者会見するJAXA宇宙科学研究所の津田雄一教授=29日午後、相模原市

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、相模原市で記者会見を開き、探査機はやぶさ2のチームを30日付で解散すると発表した。2020年に地球に届いた小惑星りゅうぐうの砂などからは「生命の源」とされるアミノ酸が検出されるなど、研究成果が出つつある。チームを率いるJAXA宇宙科学研究所の津田雄一教授は「花丸、二重丸。科学成果が出始めて、一区切りにできると思った」と話した。

 はやぶさ2はその後、地球と火星の軌道の間にある小惑星「1998KY26」で2031年から観測を行うため飛行中。チームはいったん解散するが、体制を見直し、次の観測を担う新チームへと移行する。

科学・環境の最新
もっと見る
 

天気(8月15日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ