総合 総合 詳報

  • 印刷
 NATO首脳会議に出席する岸田首相(中央)=29日、スペイン・マドリード(代表撮影・共同)
拡大
 NATO首脳会議に出席する岸田首相(中央)=29日、スペイン・マドリード(代表撮影・共同)

 【マドリード共同】岸田文雄首相は29日(日本時間29日夜~30日未明)、スペイン・マドリードで欧米の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に日本の首相として初めて出席した。ロシアのウクライナ侵攻や中国の覇権主義的な動きを念頭に、欧州とインド太平洋の安全保障は不可分だと強調。従来の日米同盟に加えて、NATOと連帯を築いていく考えを示した。その意思決定機関である北大西洋理事会に、日本などアジア太平洋のパートナー国の定期参加も提案した。

 首相は、「日・NATO関係を新たなレベルに引き上げることで一致した。歴史的な意義を有するものだ」と成果を誇示した。

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月20日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 34℃
  • 23℃
  • 70%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

お知らせ