経済 経済 新商品

  • 印刷

 30日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ加速に伴う景気後退への懸念が強まり、相場の重荷となった。下げ幅は300円に迫る場面もあった。

 午前終値は前日終値比243円55銭安の2万6561円05銭。東証株価指数(TOPIX)は12・23ポイント安の1881・34。

 FRBのパウエル議長は29日、急速な金融引き締めによる米経済減速の可能性を認めつつ「より大きな過ちは、物価の安定を取り戻せないことだろう」と物価高抑制を優先する姿勢を示した。

 東京市場では、米景気後退に伴う日本企業への悪影響が意識された。

経済の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ