国際

  • 印刷
 ワシントンの最高裁で開かれた宣誓式に臨むケタンジ・ジャクソン氏(左)=6月30日(ロイター=共同)
拡大
 ワシントンの最高裁で開かれた宣誓式に臨むケタンジ・ジャクソン氏(左)=6月30日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領(民主党)が連邦最高裁判事に指名したリベラル派のケタンジ・ジャクソン氏(51)が6月30日就任し、1789年設立の最高裁233年の歴史で黒人女性初の判事となった。最高裁判事9人のうち女性が4人となり、米史上最多を更新した。判事構成は保守派6人、リベラル派3人のまま変わらない。

 ジャクソン氏は、この日引退したリベラル派のブライヤー判事(83)の後任。最高裁で開かれた宣誓式で「あらゆるものから合衆国憲法を守る」と語った。4月の演説では「私は恵まれた自由と平等の継承者だ」とキング牧師ら公民権運動家の功績をたたえていた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ