総合 総合 詳報

  • 印刷
 路線価の対前年変動率(全国平均)の推移
拡大
 路線価の対前年変動率(全国平均)の推移

 国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2022年分の路線価(1月1日時点)を発表した。全国の平均変動率は前年比0・5%プラスとなり、2年ぶりに上昇した。コロナ禍の影響が徐々に緩和され回復傾向が見られたが、インバウンド需要は戻らず、観光地や商業地では下落が続いた所も多かった。21年分の変動率は全国平均で前年比0・5%マイナスだった。

 都道府県別に見ると、22年分で上昇したのは20都道府県で、前年の7道県から増加。下落したのは27県で、前年の39都府県から減少、下落幅が縮小した県も多かった。

 上昇率トップは北海道の4・0%で、札幌市などが伸びた。

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ