社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 埼玉県ふじみ野市で今年1月に起きた立てこもり事件で、医師を散弾銃で撃って殺害し、一緒にいた医療関係者にも発砲したとして、さいたま地検は1日、殺人や殺人未遂などの罪で無職渡辺宏容疑者(66)を起訴した。鑑定留置の結果、刑事責任を問えると判断したとみられる。

 起訴状などによると、渡辺被告は1月27日午後9時ごろ、自宅で散弾銃を発砲し、医師の鈴木純一さん=当時(44)=を殺害、理学療法士の男性(42)の上半身に大けがを負わせたとしている。

 また、医療相談員の男性に催涙スプレーを噴射してけがを負わせたほか、別の医療相談員の男性に発砲したとしている。

社会の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ