国際

  • 印刷

 【北京共同】北朝鮮外務省は2日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)が6月末に大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を非難する首脳声明を採択したことに反発し、自国の国防力強化措置は「米国の脅威から国権と国益を守るための合法的な自衛権の行使だ」と表明、戦略兵器開発を止めない意思を強調した。

 チョ・チョルス同省国際機構局長が朝鮮中央通信の質問に答えたとして同通信が報じた。

 チョ氏は「G7が不当な利害関係と気分により二重の物差しをつくって他国に言いがかりをつけること自体が国際社会への冒涜だ」と主張。「わが国の尊厳と国権を守るための正義の道は決して譲らない」と述べた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ