総合 総合 詳報

  • 印刷
 ブルワーズ戦の9回、ランニング本塁打を放つカブス・鈴木=ミルウォーキー(共同)
拡大
 ブルワーズ戦の9回、ランニング本塁打を放つカブス・鈴木=ミルウォーキー(共同)

 【ミルウォーキー共同】米大リーグ、カブスの鈴木誠也外野手が4日、左手薬指のけがで入っていた負傷者リスト(IL)から復帰し、敵地ミルウォーキーでのブルワーズ戦に「4番・右翼」でフル出場した。九回に5号ソロとなるランニング本塁打を中堅左へ放つなど4打数2安打1打点だった。チームは延長十回、2-5でサヨナラ負けした。

 鈴木は5月26日のレッズ戦で盗塁の際に負傷してIL入り。6月30日にマイナー、3Aアイオワで約1カ月ぶりに試合に出て、3試合で9打数4安打3打点と順調に回復していた。

 4日は大谷翔平のエンゼルスは試合がなかった。

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月20日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 50%

  • 34℃
  • 23℃
  • 70%

  • 33℃
  • 27℃
  • 50%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

お知らせ