経済 経済 新商品

  • 印刷

 ロシア前大統領のメドベージェフ安全保障会議副議長は5日、ロシア産石油の取引価格に上限が設定され現在の約半分の値段になるとした岸田文雄首相の発言について、その場合は極東サハリンの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」への日本企業の参加もなくなると指摘した。通信アプリに投稿した。

 メドベージェフ氏は、先進7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳声明に検討が盛り込まれた価格上限設定が実現されれば「市場に出る石油は減り、価格は天文学的に跳ね上がる」と説明。「日本にはロシアからの石油もガスもなくなる。サハリン2への参加もそうだ」と警告した。(共同)

経済の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ