経済 経済 新商品

  • 印刷

 【北京共同】トヨタ自動車が6日発表した中国市場の6月の新車販売台数は、前年同月比19・2%増の20万100台だった。コロナ禍による苦戦から回復し、3カ月ぶりに前年実績を上回った。一方、日産自動車は4・8%減にとどまった。既に発表したホンダは19・4%増と伸びており、日系大手の復調はまだら模様だ。

 上海のロックダウンが解かれサプライチェーンが復旧し、工場の生産が通常に戻った。中国政府による減税や購入支援も販売を押し上げた。

 トヨタは「カローラ」や「カムリ」を中心に好調だった。半導体不足の影響で輸入の高級車ブランド「レクサス」は38・4%減と苦戦が続いた。

経済の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ