政治

  • 印刷

 自民党は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と同党所属議員の関係に関し、各議員の自発的な説明に委ねる方針を固めた。党として個別に調査する意向は示していない。茂木敏充幹事長は2日の記者会見で「個人の活動については、それぞれの議員が適切に説明すべきだ」と主張。「党として組織的な関係はない。関係部門に改めて指示を出して確認した」と強調した。

 霊感商法などが反社会的との批判を浴びる教団側と、閣僚を含む自民議員のつながりが次々と表面化している。立憲民主党や日本維新の会など野党は党内調査を発表。自民は実態解明に後ろ向きだとして、国会で追及する構えだ。

政治の最新
もっと見る
 

天気(8月10日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ