エンタメ

  • 印刷
 八方不美人『八方不美人』
拡大
 八方不美人『八方不美人』

 人気のドラァグ・クイーン3人組によるデビュー作。全曲を『残酷な天使のテーゼ』の及川眠子が作詞、『あなたのキスを数えましょう』の中崎英也が作曲し、一流のポップスに仕立てる。当然、真ん中にあるのは歌心だ。

 『愛なんてジャンク!』は「愛なんて」「捨てなさい!」と言い放つEDM系のハードなポップスで、及川がヒットに貢献したWinkの91~92年の作風。3人が強がりの裏にある哀しみまで歌い込んでいる。

 カップリングの3曲は、各人のソロを収録。華麗な和風ポップスの『流砂の恋』はドリアン・ロロブリジーダが歌唱。「縷々として あゝ縷々として」の部分が、凛としつつ切なくもあり印象的。しっとり系のバラード『崖の花』は、ちあきホイみが歌唱。韓流ファンも酔いそうな繊細な美声で、恋の脆さを歌い上げる。

 そして、夜限定の恋を描いたミディアム調の『ディレンマ』はエスムラルダの歌唱。愛しいながら、すべてを愛せない板挟みのもどかしさが、気品ある声から伝わる。3曲とも歌モノとしての魅力が強いので、サウンド偏重のヒット曲に飽きた人に是非オススメしたい。

 4曲のカラオケがあれば、なお喜ばれるのかも。ともあれ本作から、目では見えないものを理解する心が養われるはず。

(八方不美人・1500円+税)=臼井孝

エンタメの新着写真

エンタメの最新
もっと見る

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ