エンタメ

  • 印刷
 森口博子『GANDOM SONG COVERS』
拡大
 森口博子『GANDOM SONG COVERS』

 数々のガンダム関連曲を歌ってきた森口博子が、NHKでの人気投票で選ばれた上位10曲を歌うという企画アルバム(ボーナスとして16年の『宇宙の彼方へ』も追加収録)。曲ごとに趣向を凝らしたアレンジが秀逸だ。

 例えば、投票1位となった自身のデビュー曲『水の星へ愛をこめて』は、寺井尚子による崇高かつ躍動的なバイオリンで、果てなき宇宙をより強く感じる。また、『哀 戦士』は自由に跳ね回る押尾コータローのギターが戦闘シーンを想起させる。

 特に変化に驚いたのが『フリージア』。原曲自体かなり切ないバラードだが、塩谷哲の繊細なピアノ演奏が命の儚さを痛感させる中、森口が凛として歌うことで「今を生きていく」決意がより明確になる。また、森口が30人分の多重コーラスを務めた『めぐりあい』も命の神秘を感じさせる一方で、ブラス隊やドラムでファンキーになった『Z・刻をこえて』では、ソウルフルな歌声も聴かせるなど、歌手・森口博子の進化にも驚かされた。

 ブックレットには、作品全体や各曲に関して、森口がガンダム愛をこめたライナーノーツも掲載されており、これは是非ともCDで入手したい。本作を聴けば、長く親しまれたモノを変える際は、それ相応の努力と愛情をもって接するべきだと実感するはず。

(キング・通常盤3000円+税)=臼井孝

エンタメの新着写真

エンタメの最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 22℃
  • 19℃
  • 60%

  • 21℃
  • 14℃
  • 70%

  • 21℃
  • 17℃
  • 60%

  • 21℃
  • 17℃
  • 70%

お知らせ