エンタメ

  • 印刷
 テイラー・スウィフト『ラヴァー』
拡大
 テイラー・スウィフト『ラヴァー』

 7枚目のオリジナル・アルバムです。2年前の前作『レピュテーション』では様々なハラスメントに立ち向かう強い27歳を見せてくれた彼女ですが、今作のテーマはなんと“ロマンス”。LGBTや性差別などの問題に目をそむけるのではなく、社会の闇に対抗できる最強の力が“ロマンス”つまり愛なのだというメッセージを全身で伝えているのです。前作ではサウンド面でもアートワークにおいても戦う女性のイメージがありましたが、今作ではすべてがポジティヴなイメージに変化、アートワークはパステル・ピンク、すべての曲が極上のポピュラーソングに仕上がっています。それは人種の壁を突き破ったユニバーサルなサウンドと言えましょう。

 かつて戦うプロテスト・ソングを歌ったボブ・ディランが近年、フランク・シナトラらが愛唱したスタンダード曲をカバーしました。なぜスタンダードを歌うのかという質問に対して、究極のロマンティシズムを持つスタンダード(当時のポピュラー・ソング)が現代にこそ必要だから、と答えたそうです。

(ユニバーサル・2500円+税)=北澤孝

エンタメの新着写真

エンタメの最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ