エンタメ

  • 印刷
 
拡大
 

 やさしい、だけじゃない。ステージの上に赤いラグなんて敷いて、かたやマドラスチェックのパンツ、かたや鮮やかな色使いのロングスカートでナチュラルにおしゃれな二人だけれど、その軽やかな歌声と旋律の奥には、人生の機微がたっぷりと詰まっていて。ふいに胸ぐらをつかまれたり、揺さぶられたり、普段はしまっている苦い思い出なんかにもそっと明かりを届けてくれるような彼らの音楽は、ホールという空間でさらに広がりをもって響いているように感じた。

 佐藤良成と佐野遊穂による男女デュオ・ハンバートハンバートが2019年12月、中野サンプラザホールにて開催した公演「ハンバート家の平日2019Final」の“ほぼ”全編を収録した本作。「働き方改革」を掲げて平日にしかライヴをしなかった昨年の、貴重な冬の記録だ。

 佐野の突然の(!)アイリッシュダンス披露で華々しく幕を開け、セットリストは新旧交えたバランスの良い展開。演奏もバンド編成の立体感と二人きりの集中、いずれも楽しめて大満足の内容となっている。それにしても、収録曲リストに「MC」って入っているDVDを見たのは、モーニング娘。以来ですよ、お二人。愉快で洒脱な名物MCもしっかり楽しめる、お値打ちの一作。やっぱり現場で観たいと思いを募らせながら、部屋で繰り返し流しておきたくなる。

(SPACE SHOWER MUSIC・3700円+税)=玉木美企子

エンタメの新着写真

エンタメの最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ