連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

尼崎JR脱線事故

  • 印刷
事故現場を訪れ、亡き長女への思いを語る藤崎光子さん=25日午前9時40分、尼崎市潮江4(撮影・中西幸大)
拡大
事故現場を訪れ、亡き長女への思いを語る藤崎光子さん=25日午前9時40分、尼崎市潮江4(撮影・中西幸大)
一人娘を失った現場で、負傷者家族の女性と語り合う藤崎光子さん(左)=25日午前9時25分、尼崎市久々知西町2(撮影・中西幸大)
拡大
一人娘を失った現場で、負傷者家族の女性と語り合う藤崎光子さん(左)=25日午前9時25分、尼崎市久々知西町2(撮影・中西幸大)

 事故で大切な人を失った遺族。人生を大きく変えられた負傷者。現場や自宅で、それぞれの朝を迎えた。

 夫浩志さん=当時(45)=を亡くしたピアノ講師の原口佳代さん(60)は25日、兵庫県宝塚市内の自宅マンションから、尼崎へ向かう電車2本を見送った。事故の発生とほぼ同時刻に現場カーブを通過する車両だ。

 浩志さんは出勤途中に量販店に立ち寄るため、いつもと違う電車に乗って事故に巻き込まれた。「電車に乗るのを引き留めなかった。自分を責める気持ちは消えない」。目に涙をため「今日は夫を思って悲しむ日。来年もこの日を迎えられるよう、精いっぱい生きます」と最愛の人に誓った。

 午前9時すぎ、長女の中村道子さん=当時(40)=を亡くした藤崎光子さん(80)=大阪市城東区=は、事故車両が追突したマンションの壁に手を触れた。

 「やっぱり事故の発生時刻は娘と一緒に現場にいたかった」。道子さんの写真が入ったペンダントを握りしめ、「15年は長かった。JR西は保守点検作業員の減少など危険な状態も目につく。本当の意味で安全な鉄道事業者になってほしい」と力を込めた。

 重傷を負った福田裕子さん(36)=兵庫県宝塚市=と木村仁美さん(36)=同=は現場から少し離れた線路沿いに並んで立った。新型コロナウイルスの感染拡大で足を運ぶかどうか悩んだが、「今年もここにいると確認したい」と訪れた。

 事故発生時刻の午前9時18分。福田さんがそっと手を合わせる。木村さんは静かに目を閉じた。(前川茂之、井上駿、名倉あかり)

2020/4/25

天気(9月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ