ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 篠山魚市場が3月末閉場 市、要望受け後継確保へ

地域発

篠山魚市場が3月末閉場 市、要望受け後継確保へ

2018.03.07
  • 印刷
3月末で閉場することが決まった「篠山魚市場」=篠山市郡家

3月末で閉場することが決まった「篠山魚市場」=篠山市郡家

 兵庫県篠山市郡家の地方卸売市場「篠山魚市場」が3月末で閉場することが、開設・運営会社への取材で分かった。大型スーパーの出店やインターネット販売など流通網が多様化し、業績悪化を食い止めることが困難と判断したためという。一方、閉場により市内に市場がなくなることから、同市は、新たな市場開設に向けて場所の確保などを進める方針を固めた。

 開設・運営しているのは、市場と同名の「株式会社篠山魚市場」。江戸中期に「魚問屋」として設立され、名称や場所を変えながら約250年の歴史を誇ってきた。篠山特産の黒枝豆や山の芋、マツタケなどのほか、魚や乾物なども取り扱ってきた。