ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 仏で特許取得のチョコ発売 まるで果物そのもの、川西の洋菓子店

地域発

仏で特許取得のチョコ発売 まるで果物そのもの、川西の洋菓子店

2019.02.01
  • 印刷
発売するチョコレートのギフトセットと、フランスで取得した特許証を前に、笑顔の大谷一彦さん=川西市栄町

発売するチョコレートのギフトセットと、フランスで取得した特許証を前に、笑顔の大谷一彦さん=川西市栄町

 バレンタインデーに向けて、兵庫県川西市栄町の洋菓子店「川西名産ケーキのおおたに」(大谷明子代表)が、フルーツチョコレートのギフトセットを1日から発売する。本場フランスの特許を取得した独自の製法で果汁をふんだんに混ぜ合わせ、まるでフルーツそのものを食べているかのようなジューシーな味わいを実現した。同市特産のイチジクやユズなど6種類を楽しめる。(伊丹昭史)

 開発したのは、約20年の歴史を持つ同店のシェフパティシエ大谷一彦さん(56)。フランスなどで修行を積んだ菓子職人で、こだわって作ってきたチョコレートに好物のフルーツを合わせられないか、と開業当時から試行錯誤を重ねた。