ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 余った食品を活用へ 西宮市内20店に回収箱

地域発

余った食品を活用へ 西宮市内20店に回収箱

2019.06.02
  • 印刷
食品の回収箱や啓発チラシを手に、「フードドライブ」をPRする西宮市職員たち=西宮市西宮浜3

食品の回収箱や啓発チラシを手に、「フードドライブ」をPRする西宮市職員たち=西宮市西宮浜3

 兵庫県西宮市は、家庭で余った食品を集めて福祉施設などに無償で送る活動「フードドライブ」を広げるため、3日から順次、市内の小売店20店の協力を得て、食品の回収箱を店内に置いてもらう。期間限定の店もあるが、市が食品を回収し、神戸市東灘区のNPO法人「フードバンク関西」に提供する。(初鹿野俊)

 生活協同組合コープこうべの店舗「コープ西宮」(西宮市池田町)が1月、食品の常時受け付けをスタート。西宮市は活動を後押ししようと、市内の事業者に協力を呼び掛け、コープこうべ以外の3社も応じた。