ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 栽培のきっかけは友人の死 クレソン特産化目指す男性 姫路

地域発

栽培のきっかけは友人の死 クレソン特産化目指す男性 姫路

2019.06.05
  • 印刷
満開のクレソンを確認する岩崎憲博さん(左端)や中末初さん(中央)ら=姫路市夢前町莇野

満開のクレソンを確認する岩崎憲博さん(左端)や中末初さん(中央)ら=姫路市夢前町莇野

 兵庫県姫路市の岩崎憲博さん(70)が地元の特産化を目指し、クレソンの栽培に取り組んでいる。約千平方メートルまで畑を拡大し、地元住民の後押しも受ける。このほど、春の収穫期を終え、畑では白いかれんな花が咲き誇る。岩崎さんが栽培を始めた背景には、病気で亡くなった友人との絆があったという。

 ヨーロッパ原産のクレソンは肉料理の香草やサラダなどに使用され、栄養価も豊富。岩崎さんによると、農山村部に多いシカの食害もない。