ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 多彩な漁法学んで 見学船稼動で若者らへ漁業PR 姫路

地域発

多彩な漁法学んで 見学船稼動で若者らへ漁業PR 姫路

2019.06.29
  • 印刷
海上の底引き網漁船に横付けし、漁師の仕事ぶりを間近で見学する児童=姫路市家島町の坊勢島沖

海上の底引き網漁船に横付けし、漁師の仕事ぶりを間近で見学する児童=姫路市家島町の坊勢島沖

 海上で漁師の仕事ぶりや新鮮な海の幸に触れてもらおうと、兵庫県姫路市家島町坊勢の坊勢漁協が建造した漁業体験見学船「第8ふじなみ」が5月から稼働を始めた。水産庁によると、見学のための専用船を漁協が新造する事例は全国的にもまれ。県内最多の組合員を有する同漁協だが、厳しい後継者不足に危機感を強めており、新たなツールを使って漁業の魅力発信や産地のブランド化を狙う。

 「あれが底引き網漁船やで。漁師さんが今から網を上げるからな。どんな魚がとれるかなー」