ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 元気な中高年が働ける場を 宝塚市、雇用創出事業を開始

地域発

元気な中高年が働ける場を 宝塚市、雇用創出事業を開始

2019.07.18
  • 印刷
介護付き有料老人ホームで、利用者が使った食器を手早く片付ける中高年の就労者たち=宝塚市弥生町、「結いホーム宝塚」

介護付き有料老人ホームで、利用者が使った食器を手早く片付ける中高年の就労者たち=宝塚市弥生町、「結いホーム宝塚」

 定年退職や子育ての終了などで余力がある中高年が気軽に働ける仕組みを作ろうと、兵庫県宝塚市が民間事業者と協力して雇用を生み出す取り組みを始めた。第1弾は人手不足に悩む介護業界とのマッチング。既に60~80代の17人が市内の老人ホームで短時間の勤務に励む。就労者と事業者の双方から好評で、関係者は「保育など他業種にも広げていきたい」としている。(小谷千穂)

 同市では、高齢者に優しいまちづくりを実現するため、公募市民が新たな取り組みを話し合う「お互いさまのまちづくり縁卓会議」が昨年10月に発足。健康・生きがい就労▽居場所づくり▽広報・情報-の3部会で議論し、「健康-」部会で介護職とのマッチングが企画された。