ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 満を持して「そばスープ」誕生 「うどんスープ」から55年

地域発

満を持して「そばスープ」誕生 「うどんスープ」から55年

2019.08.07
  • 印刷
淡口醤油を使用した新開発のそばスープ=たつの市龍野町富永

淡口醤油を使用した新開発のそばスープ=たつの市龍野町富永

 ヒガシマル醤油(兵庫県たつの市)は、湯を注ぐだけで温そばのつゆになる粉末調味料「そばスープ」を発売した。おなじみの「うどんスープ」の誕生から55年。「長らくお待たせしました」と満を持しての投入だ。

 うどんスープは1964年に発売し、現在の年間販売数は約2億3千万食、シェアは8割という主力商品。続いてラーメン、カレーうどんなど5種類のスープの素も開発してきた。