ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 ズワイガニ漁の自主規制奏功 漁獲量減も平均単価は上昇

地域発

ズワイガニ漁の自主規制奏功 漁獲量減も平均単価は上昇

2019.12.13
  • 印刷
11月6日の漁解禁を受けて水揚げされたズワイガニ=豊岡市津居山、津居山港

11月6日の漁解禁を受けて水揚げされたズワイガニ=豊岡市津居山、津居山港

 11月6日のズワイガニ漁解禁を受け、兵庫県但馬水産事務所(同県香美町香住区香住)が但馬地域の沖合底引き網漁船46隻による同月の水揚げ状況を発表した。シーズン当初の取れすぎで供給が混乱した昨季の反省から自主規制を強化したため、雄マツバガニと雌セコガニを合わせた総漁獲量は前年同期比32・1%減の369トンと抑制したスタート。一方、1キロ当たりの総平均単価は同42・6%増の4599円と大きく伸び、総漁獲額は同3・2%減の約16億9600万円だった。(金海隆至)

 国から県に割り当てられた漁獲可能量は昨年と同じ994トン。11月の消化率は37・1%で、前年の54・6%を下回った。