ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 加東で無線草刈り機の実証実験 のり面もスムーズに刈り取り

地域発

加東で無線草刈り機の実証実験 のり面もスムーズに刈り取り

2019.12.13
  • 印刷
急斜面で草を刈り取っていく無線草刈り機=加東市松沢

急斜面で草を刈り取っていく無線草刈り機=加東市松沢

 加東、小野、三木市のため池や水路を管理する兵庫県東播土地改良区(同県加東市社)が、加東市松沢の安政池で無線による草刈り機の実証実験をした。農家の高齢化や担い手の減少が続く中、作業を効率化するのが狙い。実験では、作業の負担が大きいのり面の草を機械がスムーズに刈り取り、担当者は「早ければ来年度中に導入したい」と期待を寄せる。(中西大二)

 農業現場の深刻な人手不足を背景に、全国各地で人工衛星による位置情報を利用した自動走行トラクターやドローンによる農薬散布などの「スマート農業」導入が進んでいる。